自由に使える水資源|液状化対策から生命を守るには|土地を知れ

液状化対策から生命を守るには|土地を知れ

作業員

自由に使える水資源

水

水道料金がかからない

大昔の日本では、村などの集落にみんなが使える井戸があるのが一般的でした。日本は世界的にみても水資源が豊富な国であり、その水質もすぐれています。井戸掘りは太古の昔から行われており、井戸からくみ上げた水は洗濯や炊事・風呂などに使われていました。現代では水道は水道局と契約をして料金を支払うシステムが一般的になっていて、家庭で井戸を持つ家の方が少なくなっています。しかし豊かな水源をもつ日本では井戸掘りをすればほぼ間違いなく水にあたります。井戸掘りにかかる費用や、くみ上げるポンプに電気代がかかることがありますが、それを差し引いてもメリットが多いのが井戸です。井戸水を利用することで水道料金の節約につながります。

豊富に使えて便利

井戸水は、水道水のように塩素が使われていないので、カルキの匂いがしないのが特徴です。日本の地下水は良質で軟水なので、水質を検査したうえで大丈夫であればそのまま飲用水としても使えるのが大きな魅力です。また、地震などの災害が起きた時でも水の確保ができる点でも利点となります。井戸掘りは特殊な工事の為業者に依頼をして水源を探り、井戸掘りから給水のための設備を整える必要があります。水が出た場合、水質を検査することも必要です。洗濯や毎日の入浴に使えるとなると、水道代はぐっと節約ができます。洗車や夏場の子供のプールやシャワーなどにも活用ができることや、家庭菜園での水やり・猛暑時の水まきなどで手軽に使えるのも利点です。